スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by JPTSA  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

関西支部大会in畿央大学

 先日10月27日に畿央大学にて日本理学療法学生交流会関西支部大会を開催し、運営委員も含め145人もの学生にご参加いただきました!

畿央1

 今回のテーマは「ノンテクニカスキル~医療者としての自覚~」です。
ご参加いただいた皆さんには、この会を通して医療者とはどうあるべきなのか、医療者としての責任とはどのようなものなのかを知り、考えていただきました。
 学生発表ではノンテクニカルスキルとは何かを発表させて頂きました。ノンテクニカルスキルとは医療技術以外全てのことをさします。例えばリスク管理であったり、思い違いなどさまざまな視点から皆様に体験してもらい、ノンテクニカルスキルの大切さを実感していただきました。
 講師には現在起業され患者様のために誠意を尽くし働かれている田中仁先生から一人の患者様を症例にその方との関わりや理学療法士としての責任ということをご講演頂きました。理学療法士は理学療法を行う以外にもたくさんのことに目を向けなければなりません。その理学療法士の奥深さを感じました。

畿央2

 そして、18歳でバイク事故に合われ下半身不随となり現在車椅子ダンサーとして活躍されている奈佐誠司先生には、ご自身の体験談を通しての理学療法士との関わりをお話し頂き、涙する人も多くいました。
また午前、午後のディスカッションでは、自分が考えていたこととの相違点や患者様と寄り添うとはどういうことかということをたくさん感じて頂けたと思います。

畿央3

 半年間の運営はとても大変でしたが、参加者の方から「参加してよかった」「患者さんの生の声を聞けて良かった」「感動した」などたくさんの声を頂き、とても嬉しく思います。ご協力いただいた方にこの場ではありますがお礼したいと思います。本当にありがとうございました。
 また、患者様の友の会へのインタビュー、アンケートは冊子にも載せましたが、関西支部のHPにも載せる予定です!交流会に参加できなかった人は見てもらえるとうれしいです^^とても良いことが書いてありますよ!!是非ご覧ください!!!

畿央4
スポンサーサイト
by JPTSA  at 21:27 |  関西支部 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。