スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by JPTSA  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

中部支部大会「小児理学療法の現状と展望」

 
小児1


ご報告が遅くなりましたが、10月13日(日)に名古屋大学で日本理学療法学生協会中部支部大会を開催いたしました。今回のテーマは「小児理学療法の現状と展望」で、全国から138名の学生に参加していただきました。
小児理学療法は授業で扱われる機会が少なく、具体的にイメージしにくいという学生の声に私たちは着目し、小児理学療法について参加者と共にもっと詳しく知りたいという思いからこのテーマを選びました。

学生発表では、小児理学療法を取り巻く現状や、愛知県立心身障害児療育センター第二青い鳥学園にボランティアに行った時に感じたこと、例えば子供たちと接することの難しさや楽しさ、自分たちがとるべき今後の課題などについて発表しました。

講演では、三重県立草の実リハビリテーションセンター・古川敦先生にご講義いただきました。小児理学療法とは何かという基本的なところから、子どもとの関わり方、工夫・気を付けている点、親との信頼関係の重要性、今後の展望などについて実際の臨床での写真や動画を交えてお話しいただきました。小児理学療法の具体的なイメージができたとともに、発達過程にある小児ならではの理学療法の重要性と面白さを感じました。

グループディスカッションでは、「小児理学療法を行う上での工夫」について話し合いました。子どもが集中できるような遊びや環境を考えるなど、多くのアイデアを出し合い、各グループで様々な意見を共有できたと思います。

小児2

小児3

今回は遠方からもたくさんの学生に参加していただき、懇親会も含め地方をこえて多くの学生と交流を深めることができました。それぞれ違う環境にありながら、志を同じくする学生と交流できる機会があるのは本当に素晴らしいことだと思います。また来年度も中部の地で皆さんにお会いしたいです。
今回の交流会開催にあたり、ご指導・ご協力いただいた方々、講師をしてくださった先生、参加者の皆様、運営委員の皆様に、この場を借りて心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました!!

小児4
懇親会会場にて

***********
JPTSA 中部支部代表
名古屋大学3年
栗谷 彩
***********
スポンサーサイト
by JPTSA  at 23:09 |  中部支部 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。